FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万年筆は紙によっても書きやすさが変わる

万年筆は紙によっても書きやすさが変わりますからね。

普通のノートなどはあまり問題はありませんが、
書き味が悪い紙もあります。

雑誌、書籍を買った時に入れてくれる黄色っぽい紙袋。
これはペン先が滑らかに進まない印象です。
繊維が荒いとかそういった理由なんですかね。

あと、パチンコ屋さんなどのチラシの裏面、無地の部分。
つるつるしてるのと、インクを弾くようで、書き心地が良くない。

メモ用紙にでも使おうかと思って、無地の部分を利用してみたのですが、
どうも滑らかでなくて、するするっと書けないですね。
大抵のメモ用紙に利用しようと思った紙はほぼ問題なく使えるのですが。

一番いいのは白い封筒などの無地のつるつるした部分や
カレンダーなどに使われているようなつるつるした紙ですかね。
あと、LiFE(ライフ)情報カードとか。
スルスルと万年筆が滑り、文字にインクがのっかって書きやすいです。
インクは少し置けば乾きますね。

使用万年筆とインクは

★パーカーソネットラックインディゴ 
 クインク、ロイヤルブルー?ウォッシャブルブルー?
 白箱のだから、ロイヤルブルーだ。
 別色らしい。

手持ちの紙(ノート系の紙)で確かめてみました。
順番に。

★ライフ情報カード 

つるつるしていてペンがスムーズに動きます。
これが個人的には一番書き心地が良いです。
何とも言えない良い書き心地。
気に入っています。
非常にいい。

★スタジオジャム(Studio Jam) 

システム手帳に入ってたリフィル。
つるつるした紙質で、
書き心地は抜群に良いきがしますが、
少し裏抜けします。
大変好きな書き心地です。

現在は入手が困難なようです。

★アシュフォード(ASHFORD)

上記2つよりはつるつるしないです。
若干、引っ掛かりというか摩擦抵抗っていうんですかね。
適切な表現かどうかわかりませんが、少し抵抗感を感じるので、
スルスルという表現が少し弱くなります。
でも、十分書けます。
価格も比較的安価ですから。
あえてこだわれば上記の内容になりますけど。

★コクヨ キャンパスノート

こちらはかなりの抵抗感を感じます。
個人的には万年筆で書くにはちょっと。
入手しやすさは1番ですが、他の物が入手しやすいのであれば、そちらで。

★無印良品 植林木ペーパー裏うつりしにくいルーズリーフ
      B5・6mm横罫・26穴・200枚

つるつるとしたルーズリーフの表面。
これは大変書き心地が良いです。
スルスルと書けますよ。
価格もリーズナブルなので。
名前にもあるように裏うつりもしにくいです。
裏抜けもしにくそうですね。
手持ちの万年筆とインクではしなかったので。
参考までに万年筆ではありませんが、
ぺんてるエナージェル1.0青でも裏うつり、裏抜けはしませんでした。

書き心地、価格、6mm横罫の印刷の薄さなど、
総合的に非常にいい。

ビニール?に200枚入り(使用すれば枚数は減りますが)の状態で、
これを下敷きの代わりに使用して書くと大変書き心地が良いです。

★KYOKUTO レポートパッド B5 無地 計算用紙 100枚

現在のものでなくて、昔のものです。
数十枚残っており、使用してみましたが、数十枚の一番上に書いたら、
抵抗が強く書きにくかったです。
書き心地がいまいちです。

一枚を机に置いて書いてみたところ、書き心地は良くなりました。
また、この紙は少しインクが滲みます。
裏抜けもするので、表にしか書くのが難しいですね。

★maruman 裏抜けしない 高級厚口レポート用紙
High Quality REPORT PAD A5 5mm 方眼罫 40枚
 
マルマン(maruman)のレポート用紙がありました。
マルマン、レポートパッドです。
これは枚数を重ねて書くと、書き味がヌラヌラというよりも、
サリサリとした書き味になります。

一枚一枚机の上に置いて書いても、比較的サリサリ感がありますね。
この紙はつるつるとしているので、字が太くなりにくいです。
今までの紙とは、少し感じが違います。
少し厚みも感じる気がします。
書き心地が好き、嫌いが分かれるかもしれません。 
名前にもある通り、裏抜けはしないようです。

以上が現在手持ちの紙で書き心地を確認した結果です。

それと、紙全体的にですが、
紙は一枚一枚、机やテーブルに直に置いて、
万年筆で書いた方が書きやすいですね。
それと、カッティングマット
(カッターで紙を切るときに使用する下敷き、ゴムっぽいもの、素材は○○樹脂?)
の上に紙を一枚乗せて書くのも、なかなかするすると書き味が良いです。
下に数十枚紙があって書くよりも書きやすいです、個人的に。
もちろん、システム手帳やノートではそういうわけにはいきませんが、
一枚一枚書くことが可能であれば、このような書き方の方が
個人的には書きやすい印象です。

万年筆でなければ、
ボールペンなどならあまり問題にはならなさそうですね。             
ボールペンは筆圧が強くなる傾向にあるのか、
その分、紙の種類にとらわれず
比較的幅広い紙の種類ですらすらと書ける傾向です。
でも、筆圧が強くなり、長時間書いてると指が痛くなる。
シャープペンシルでもそうですけど。
万年筆は物によっては割と疲れにくいです。
ここは個人的な好みにもよります。

何で筆記するにしても、余裕があれば、
紙にもちょっとこだわった方が書きやすくなりますね。
スポンサーサイト

ご注意・免責事項

当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しております。

・ご購入の際の注文、お支払いは、リンク先のお店と直接していただくことになります。

・掲載情報をご利用いただく場合、お客様の責任においてご利用ください。ご利用に際し、万が一お客様が何らかの損害を被った場合でも、当ブログでは、一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。

全記事表示リンク

フリーエリア



ブログランキング

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。